作成者別アーカイブ: heli

私の平成十大ニュース

※久々のエントリーですが、昨日ツイッターに投稿したものの転載です(若干編集はしていますが)。

【私の平成十大ニュース~はじめに】

finalventさん「とある私の平成史(仮題)」を書き始めているとのこと。ぜひ読んでみたい。私も何か書けたらいいのだけど、「史」の名に値するものは無理なので、「私の平成十大ニュース」くらいにしておこうっと。

【私の平成十大ニュース(1)~Macとモデムを買ってニフティに加入(平成元年)】
私にとっての昭和と平成の区分は単純で、昭和はネットがなかった時代、平成はネットがある時代。とにかくネットは私に計り知れないものを与えてくれた。ネットがなかったら今ごろ私はどういう人生を送っていたか、うまく想像できないけど、きっとずいぶんしょぼい人生だったんじゃないか。

【私の平成十大ニュース(2)~音楽を聞く側から演る側へ(平成元年)】
平成元年にMacとともにMIDI音源とシーケンサーを購入し、ちまちまと打ち込みを始めたことが、現在に至るまでの音楽活動の出発点だったことが、いま振り返ると痛感される。ずいぶん細くて長い道のりだったけど、ずいぶんあれこれやってきたもんだ。

【私の平成十大ニュース(3)~二回の転職(平成三年、七年)】
生まれ育った街の大学を卒業して東京に就職するも、6年勤めてUターン転職。故郷で4年勤めた後(と言いながらそのうちの一年は首都圏で研修だったのだけど)、またしても首都圏に転職。「いつになったら落ち着くのかねえ」と両親は気が気でなかったらしい。

【私の平成十大ニュース(4)~父の死(平成八年)】
二度目の転職のちょうど一年後に父親が肺癌で逝去。雪国の一戸建てに老母(といっても当時60代半ば。今思うと全然若かった)一人置いておくわけにはいかないと思い、首都圏に呼んで生家は処分。なんだか橋を焼いた気分だった。

【私の平成十大ニュース(5)~人生唯一の洋行(平成九年)】
「洋行」とは古めかしいけど、実はこれまでの人生で日本を出たのはたった一回きり。仕事で二週間アメリカに出張したのだけど、印象に残っているのはボストン美術館のカフェで昼下がりにサンドイッチ食いながらぼーっとしてたのと、ニューヨークのイートイン付きベーカリーで早朝デニッシュ食いながらぼーっとしていたこと。そういえば世界貿易センタービル最上階のレストランも行った。

【私の平成十大ニュース(6)~「黒木のなんでも掲示板」(平成十年)】
その後の自分の知的基盤に甚大な影響を受けた場所。(まともな)反緊縮も源流をたどれば山形浩生さんが紹介したクルーグマン論文に行き着くだろうし、田崎晴明さん他が翻訳した「知の欺瞞」でポストモダンときっぱり縁が切れた人も多かったのでは。最近の岸政彦さんの活躍ぶりも素晴らしい。ところでここを教えてくれたもとはしみほさんは今どうしているのであろうか。

【私の平成十大ニュース(7)~アンプを作った(平成十二年)】
今から二十年近く前はオーディオアンプやスピーカーをさかんに自作してた。ネットで知り合ったエレクトロニクス関係のエンジニアの方々に刺激を受けて、高校の数学や物理をやり直したり、電気回路の専門学校の教科書を勉強したり。最近はオーディオと縁が切れかかっているけれども、また遊んでみたい。

【私の平成十大ニュース(8)~彼女ができた(平成十六年)】
恋愛と無縁な人生というわけではなかったけれど、「付き合っている」と言えるほど安定した関係が長続きしたこともなく、これからもこんなふうにして年を取っていくのかなとぼんやり思っていた時、なんだかリアルワールドでの出会いがあって、今なお付き合いが続いているのは不思議な感じ。

【私の平成十大ニュース(9)~音楽を創る側へ(平成二十三年)】
作曲に憧れて、ニフティ時代にオリジナル曲を創る人が集うMIDIオリジナルフォーラム(FMIDIORG)の末席を汚してはいたものの、結局その当時は一つもオリジナル曲を作ることができなかった。その後十数年が過ぎて作曲活動が曲がりなりにも軌道に乗り、オリジナル作品をまとめてCDにしたのが平成二十三年。

【私の平成十大ニュース(10)~詩を書き始めた(平成三十年)】
こうやって平成の30年間を振り返ってみると、ニュースは前半に集中しているみたいだけど、前半に蒔いた種子が後半実って、いま一所懸命収穫しているという感じ。そんな中、一年前から通い始めた文月悠光さん詩の教室は久々の新たな種蒔きになるのかも。何が収穫できるか楽しみ。

【私の平成十大ニュース~おわりに】

あまり深く考えずに自分の平成時代を振り返ってみたわけですが、なんだか妙に明るいな。世相を振り返ると、テロやら災害やらいっぱいあったし、何よりも30年のうち20年は「失われた20年」だったわけで経済もずいぶんひどかったのに。思い出は美化されるということを別にして、おそらく人生の基盤が決定的に損なわれるということがなかったということなのでしょう。そういう意味では、平成はまずまず幸運に恵まれた30年だったと言うべきなのかもしれません。

次の元号の時代もつつがなく過ごせたら良いな。

というか、生きているうちに次の改元を迎えられるかな。

[`evernote` not found]

岡山をちょっぴりだけ散策

なんかまたすっかりさぼってしまった。。。

先日、出張の帰りにちょっと立ち寄った岡山。
岡山県民の友人Yさんに案内してもらいました。

1. やまと
三代くらい続いている老舗らしい。もともと中華だったのが、比較的最近洋食もやるようになったとのこと。なんとなくこのごちゃ混ぜ感から、今は無き芦別のパーラー赤シャツを思い出したりしました。
少し並んだあと入店し、ラーメンとカツ丼(小)を注文。ラーメンは丼の縁にナルトや竜の模様をあしらった小ぶりな作りでレトロな気分が盛り上がります。一見濃厚そうで食べると意外とあっさりなスープが美味しい。
カツ丼は卵で閉じた和風のものではなく、トマト味の効いたデミグラスソース仕立てというちょっと変わったスタイルだけど、カツが揚げたてでこれまたとても美味しい。

2. 禁酒会館
そもそも禁酒会館って何?という感じだけど、そのあたりはウェブサイトの説明を見ていただくとして、このレトロな風情いいですよねー。岡山空襲でも奇跡的に焼け残ったらしい(当時の写真を見たけど道を挟んだ向かい側のブロックは廃墟になってた)。

禁酒会館1Fの珈琲屋 ラヴィアン カフヱで深煎りのコーヒーをゆっくりいただく。久々のQ10の魚眼レンズを使ってみました。もう少し机の上を片付ければよかったかな。

3. えびめし
Yさんからお土産でいただきました。炒めごはんの素ということなのですが、えびや玉ねぎなどの乾燥した具を熱湯であらかじめうるかし(北海道弁)、その間にご飯を痛めてソースベースの調味液をからませて、最後に具とまぜあわせて出来上がり。

出来上がりはこんな感じ。色ほどには味は濃くありません。玉ねぎの辛味が良いアクセントになっていて、飽きることなく美味しくいただけました。

ちなみに、Wikipediaを見たら、岡山市の郷土料理とのこと。そ、そうですか。

短い時間だったけど、天気にも恵まれて気持ちの良い時間を過ごせました。
ありがとう>Yさん

[`evernote` not found]

服部真里子「行け広野へと」

ほんのちょっとしたきっかけで、短期間のうちに思いもよらないような形で物事が展開していくことがたまにあります。

例えば、ちょうど10年前にガットギターを買ってボサノヴァの弾き語りを始めたこと。
あれがなかったら、その後の曲を作ったりCD作ったりライブやったりという展開はなかった。
いや、そういう音楽活動ができたらいいなとずーっとずーっと思ってはいたんです。
でもできなかった。
音楽のジャンルとかスタイルとの「相性」ってあるんだなと、つくづく身に沁みました。ロックでこういう展開をできなかった自分、みたいな。

今年の4/7にNHK文化センター青山教室で行われた「生き延びるための言葉教室・第2講 岸政彦 × 文月悠光」に参加したことも、どうやらそのような「ほんのちょっとしたきっかけ」であったようです。
正直なところ、このイベントに申し込んだときには、文月さんのこともあまりよく知らなかったくらいなので、まさかその後に文月さんの詩の教室に通って、まがりなりにも詩をいくつか書くことになるとは全く想像もしてませんでした。

そして、そこからさらに芋づるを手繰り寄せて出会ったのが、同じくNHK文化センター青山教室で短歌の講座をもっている服部真里子さん(※ツイッターによればご病気でしばらく治療に専念されるとのこと。早く回復されるよう願ってやみません)。
短歌は詩以上に全くもって未知の世界だったわけですが、それだけに服部さんの歌はかなりの驚きというかカルチャーショックでした。いや、なんかすごいことになっているのだな。

というわけで、服部さんの第一歌集「行け広野へと」のいくつかの歌について、ささやかながら感想なぞ。

キング・オブ・キングス 死への歩みでも踵から金の砂をこぼして

私はキリスト教についてもほぼ全く無知なので、確かなことは言えないのだけど、服部さんの歌には「キング・オブ・キングス」のようにキリスト教に関係していると思われる言葉やエピソードがしばしば登場するようです。それはともかくとして、

・キング・オブ・キングス
・死への歩み
・踵から金の砂をこぼす

という、互いに距離のある三つの独立した点が、豊かなイメージを媒介した関係を保ちながら、とても大きな平面を作り出しているように感じられて感動的です。

あと「キング・オブ・キングス」などという言葉を短歌に使うこと自体がすごく斬新に感じられたのだけど、上には上があります。

手を広げ人を迎えた思い出のグラドゥス・アド・パルナッスム博士

これ見たときは流石に吹きました。下の句全部使って「グラドゥス・アド・パルナッスム博士」かいっ!
でも、この歌は何気に上の句もいいんですよね。「手を広げ人を迎えた」という喜ばしい感情に満ちたイベントが「思い出」という形でやや淡く美しいものになっています。

春に眠れば春に別れてそれきりの友だちみんな手を振っている

ここでは「眠り=夢」により、おそらくリアルタイムには悲しさもあったのではないかと思われる「別れてそれきり」というイベントが、やはり淡く美しいものになっています。

陶製のソープディッシュに湯は流れもう祈らない数々のこと

お風呂でぼーっとすることをこよなく愛する人間として、この歌は本当に大好きなのだけど、ポイントは「もう祈らない数々のこと」。ここが「いま祈っていること」の話だったら、この歌は現在という一時点にフォーカスしたものになるのだろうけど、「もう祈らないこと=昔は祈っていたこと」とすることで、過去に向けた時間の広がりが感じられる歌になっているように思います。

全体として、意味的にギリギリ遠いものを組み合わせて大きな時間・空間の広がりを出そうとしている歌が多いように思います(そうじゃない歌で良いものもいっぱいあるけど)。短歌というコンパクトな形式でこれだけ大きな世界を描けるのか、という驚きをもたらしてくれた歌集でした。

以上は、最近刊行された第二歌集「遠くの敵や硝子を」を入手する前に書き上げたかったのだけど、間に合わんかった。こちらの感想も近日中に書くつもり(たぶん)。

[`evernote` not found]

初めて出会ったヤマドリタケモドキ(たぶん)

金曜日に原宿シーモアグラスで行われた「かえるとセツコの部屋」とか、土曜日に見に行った「ウエノ・ポエトリカン・ジャム」とか、書きたいネタはいろいろあるのだけど、今回はヤマドリタケモドキの話。

子供の頃、秋になると親に連れられてよくキノコ狩りに行きました。
単に食べられるキノコを収穫するだけでなく、見つけたキノコの種類を図鑑で調べるのが楽しかったんですよね。
そうなると食用も毒も関係ないというか、むしろ毒キノコを見つけるとかえって興奮したもんです。
タマゴテングタケを見つけたときなど「これ一本食ったら死ぬのか!」と思ってドキドキしたり。

そんなことをやっていると、いつか見つけてみたいと思う「あこがれのキノコ」のようなものが心中に宿るようになります。
最初にそんな感じがしたのはタモギタケかな。タモギタケって他のキノコよりも出る時期が早いので、なかなか普通にキノコ狩りしていても出くわすことがなかったんですよね。
それが、なぜか中学一年の時に沢の倒木にあの黄色いキノコがびっしり生えているのを見つけたときの感動といったら。

あとはタマゴタケ
毒キノコがずらりと勢ぞろいするテングタケの仲間で、傘は鮮やかな赤、茎は鮮やかな黄色とめっちゃ派手なルックスなのに毒がない(結構美味しいらしい)。
いつかお目にかかりたいとずーーっと思っていたんですが機会に恵まれることはありませんでした。
それが、大人になってから観光関係の仕事で礼文島に行った時に山道を歩いていたら、ばったりと目が合ったんですよね。
すごくうれしかったなぁ。
結局、食べはしませんでしたが。

ヤマドリタケもそんなキノコの一つ、といっていいのかな。
タモギタケやタマゴタケに比べれば色彩的には全然地味です。でも、とても大ぶりで肉厚で見栄えがして、しかもとても美味しいということだったので、やはり憧れのキノコの一つでした。
しかも、大人になってイタリア料理を料理本を見ながら見よう見まねで作ったりするようになったとき、ポルチーニがヤマドリタケのことだと知って、ますます興味津々。
ただ、今の住環境は、生まれ故郷のように歩いて行けるところに森林があったりするわけでもなく、キノコ狩りをする機会も全くなくなってしまったので、生えているところを目にすることはないだろうな、と思っていました。

それが、昨日山手線の内側の緑豊かな某公園を歩いていたら、ばったり目があったわけですよ。
※ちなみに、すぐ横には毒キノコのイッポンシメジまたはクサウラベニタケが生えていました。襞が薄桃色のシメジっぽい形のキノコには気をつけましょう。

ただ、ヤマドリタケはタモギタケやタマゴタケのように他と間違いようのない唯一無二のキャラがあるわけではなく、似たようなキノコがいくつかあることも認識していました。
しかも、その中にはドクヤマドリという毒キノコが含まれています。
というわけで、慎重を期して図鑑やネットを調べてみました。

まず、ドクヤマドリタケの特徴を見ると
・管孔(傘の裏の部分)は・・・黄色から黄褐色。傷つけるとゆっくりと青変し、黄褐色から褐色のしみとなる。
・肉は・・・淡黄色。これも傷つけるとゆっくりと青変するが管孔ほどではない。独特の臭気がある。
とありますが、今回採取したものは、管孔も肉も白で、傷つけても色は変わらなかったので、ドクヤマドリではなさそうです。

あと、ヤマドリタケモドキというのもあり、これとの違いは、
・ヤマドリタケは傘の表面に光沢があるのに対し、ヤマドリタケモドキの傘の表面はビロード状
・ヤマドリタケの柄には途中まで網目模様があるのに対し、ヤマドリタケモドキの茎には全体に網目模様がある
とのこと。今回採取したものをじっくり検分した感じでは、ヤマドリタケモドキの特徴の方が当てはまるようです。

まあ、モドキなのは偽物っぽくて残念ではありますが、図鑑の説明を読むと日本にはモドキしかないようでもあり、仕方がありません。
いずれにしても、ヤマドリタケの仲間を見つけるのは初めてだったので、とても嬉しい!です。

さて。モドキとはいえポルチーニの近縁種。それが生で手に入ったのだから、食べない手はありません。
ということで、久々に絶望のスパゲティを作ってみることにしました。
絶望のスパゲティというのは、手持ちの料理本のレシピを見る限り、ポルチーニの入ったプッタネスカという感じです。材料は黒オリーブ、アンチョビ、ケッパー、赤ピーマン、玉ねぎ、にんにく、トマト缶。

▪️手持ちのレシピではポルチーニも含め材料は皆みじん切りにすることになっていますが、今回はキノコの歯ざわりを楽しみたかったので、キノコだけは少し大きめの薄切りにしました。

▪️トマト缶を加え、塩胡椒とチーズで味を整えて出来上がり。

というわけで、微妙に盛り付けが美しくありませんが完成!
味は文句なし!キノコはしっかり炒めたので、味は美味しいけど結構柔らかくなったかも。

今のところ体調は良好なので、ドクヤマドリではなかったと信じたい。

[`evernote` not found]

吉田慶子さんのオープンマイク『canto』@カフェ・ムリウイに行ってきた

ここしばらく音楽を演るエネルギーが低調気味でした。
仕事が忙しい(当社比)こともあるし、夏バテもあるし、押し寄せる高齢もあるし。
音楽活動を途切れさせてはいけないと思って、ボサノヴァのレパートリーを増やすことに取り組んだりはしていますが、曲を作ったりライブやったりという気分にはなかなかならず、テンションが低いことは否めません。

そんな時、ライブ等でお世話になっている祖師ヶ谷大蔵のカフェ・ムリウイのイベントページに「オープンマイク『canto』」というイベントが掲載されたのを見かけました。
ナビゲーターは吉田慶子さん。
説明文にこんなことが書いてあります。

canto(カント)は、ポルトガル語で、歌。 そして、すみっこ、片隅のこと。 ひそやかに歌、音を楽しみ愛する方のためのちいさなオープンマイク、開催します。

これを見て思い出したのは、10年近く前に何度か行ったイベント「そっとナイト」のことでした。
「日本語ボサノヴァ三国志」でご一緒しているOTTさんがやっていたイベントで、とても雰囲気というか居心地がよく、それまで人前で演奏したことなどほとんどなかった私が何度かミニライブのようなことをやらせていただきました。
今改めて振り返ると、「そっとナイト」がなかったら今の私はない!というくらいかけがえのないイベントだったんですよね。

『canto』の説明を見た時に、これはもしかしたら「そっとナイト」のようなイベントかもしれない、と思いました。
大げさな言い方だけど自分の原点に立ち返ることができるかもしれないと思って、いつだろうと思って見たら、なんと明日だ!
どうする?
もちろん行く!

という感じで行ってまいりました。
感想ですが、ツイッターに

吉田慶子さんのオープンマイク「canto」@カフェムリウイはただただサイコーであった。あの場にいた全ての人々に溢れんばかりの感謝を。

と書いたとおりです。
吉田さんの人柄を反映してか、とても雰囲気が和やかでフレンドリーでした。みなさんの演奏はどれも素晴らしいのだけど、なんというかピリピリしたところが全然ないんですよね。
ほとんど(いや全部か)の方は面識なかったけど、演奏が終わった後いろんな方とお話しすることができてこれまた楽しかったです。驚いたのは、「そっとナイト」に参加したことがある方がいたこと。いやー奇遇ですね。びっくりしました。

次があったらまた行く!

[`evernote` not found]