カテゴリー別アーカイブ: 料理

鬼まんじゅう

イオンのお菓子のコーナーでよく売っている「鬼まんじゅう」が好きで、時々買って食べてます。
白いまんじゅうにサツマイモを小さく切ったものが大量に突き刺さっているという作りで、名古屋のお菓子らしいんですが、知人の名古屋人に言わせると、本場のものは全然違うとのこと。
というわけで、名古屋出張にかこつけて、梅花堂という有名店に行ってきました。駅から地下鉄で15分くらいの覚王山という駅の近くです。
他のお菓子もいろいろ売ってますが、レジに並んでいる客はみな鬼まんじゅう目当て。レジの奥に3個入りと5個入りの鬼まんじゅうの紙包みがいっぱい並んでました。予約とおぼしき電話もしょっちゅう入っている模様。
ネット情報によれば、午後の早い時間に売り切れてしまうこともあるらしいので、11時半くらいに行ったのですが、なんとかゲットすることができました。
ブツはこちら。たしかにこれは全然違う。芋をつないでいるのは普通のまんじゅう生地ではなく、芋ういろう(なんてものがあるのかどうか知らんけど)みたいな感じ。食べ終わってからもずいぶん長いあいだ口の中に芋の後味が残ります。芋好きにはなかなかたまらん食い物ですね。

賞味期限は作った日だし、包装も紙でくるんだだけの簡易なものであることからして、基本的に地元の人が食べたいときに食べたいだけ買ってすぐに食べるものであって、遠方に土産として持って行くものではないけど、何はともあれゲットできて満足。
翌日も美味しくいただけました。

[`evernote` not found]

豚星。

自宅の最寄り駅のラーメンを食べログで検索すると、ランキングのトップに出てくる豚星。という店が気になっていました。
ただ、駅からそこそこ離れていて、それも自宅からは遠ざかる方角なんですよね。
というわけで、なかなか足を運ぶのが億劫だったんですが、先週の日曜日に行ってみようと決意。
ろくに場所も確認せずに、だいたいこの辺だろうと思って出かけたんですが、どうも見つからない。
ずんずん歩いていたら新幹線が見えてきた。さすがにこんなに遠いはずはない。
結局見つからずに帰ってきました。
改めて確認したら、場所に対する認識は決して間違っていませんでした。ただ、日曜日は定休日だった・・・。
それでも店の場所くらいはわかってもよさそうなもんだと思いましたが、食べログ情報を見ると看板とか全然なくて目立たないらしい。
うーむ。

というわけで、昨日の夜に行ってきました。7時半くらいだったかな。
やっぱり全然目立たなかったけど、ここだという建物の中をのぞき込むと、奥に細長いカウンターの店があって、後ろに人がいっぱい並んでる。ここだ!
食券を買って列に並んでいると、そのうち店の人から声がかかるので、食券を渡して席につく、という流れだとネットに書いてあったので、それに従ってまずは食券。小ラーメン豚入りという名前だったかな。食べログ等の写真を見ればわかりますが、小でも無茶苦茶ボリューム多そう。どの写真を見ても、見ただけでおなかいっぱいという感じ。店の中には若い男性しかいないのはそのせいなのか。まるで女性とか年寄りは端からこの世に存在しないかのような空気が漂っておる。ある意味、新丸子の三ちゃん食堂よりも女性には敷居が高い店ではないか・・・などと思っていたら、しばらくして若い女性客が来店。ほえ? その後も女性客数名が来店。どうやら私の思い違いだったようで。
入店から40分後くらいにようやくありつける。それにしても寒い。入口に近い席ということもあるけど、足下が冷たくてなかなかしんどい。照明もなんだか薄暗い。そして店を漂うなんとなくストイックな空気。並んでいるお客さんを的確に捌くためにはきちんとした秩序が必要であろうし、あのラーメンを目の前にしたら黙々と格闘するしかないということでもあろうし、いずれにしてもちょっと独特の緊張感が漂う店という印象。堅苦しかったりうるさかったりということではないんで、決して心地悪い緊張感というわけではないのだけど。昔々札幌の狸小路にあった富公がこんな感じだったような記憶が。カウンターの後ろに客が並んでいるのも同じだったし。
ラーメンが出てくる直前にトッピングを尋ねられるので、他の客の様子をうかがいながら野菜と油を頼む。すぐに出てきたのは、ネットで見た野菜が山盛りの丼。まず野菜を或る程度食べないと、その下に眠っている肉や麺やスープにアクセスできない。横着すると野菜が崩落して周辺のカウンターに大惨事が発生する恐れもある。まずは野菜の上の方を少し刈り込んで、或る程度ボリュームが減ったところで、野菜の周辺を崩してスープに落としながら食べ進む。なんとなく地球温暖化の影響で南極の氷が崩落して海に沈んでいく様子を彷彿とさせる。
しばらくしてまず肉にアクセス。この肉のボリュームもすごい。厚切りのブツが大量に入っている。肝心の味だけど、煮具合も味付けも非常に良い。あまりトロトロなのは好きじゃないのだけど、ここのは柔らかいながらちゃんと歯ごたえもある。味付けもちょうど良く、何よりも豚臭さのようなものが全然ない。
麺は柔らかい。なんとなく美味い餃子の皮を彷彿とさせるようなもっちりとした食感。いかにも小麦粉を水でこねてゆでた食い物という感じ。ある意味、札幌の西山の麺とかとは正反対の価値観だと思うけど、これはこれでとても美味しいと思う。

というわけで満足度は高かったのだけど、このボリュームは高齢者の消化器にはなかなか負荷が高い。自宅まで15分歩いて帰ったけど、ちと苦しかった。たぶん腰が曲がっていたことと思う。
でもまた行こう。ツイッターでまめに情報発信しているようなのでチェックして、次は限定品を試してみたい。

[`evernote` not found]

にしん漬け

子供の頃、母親がよくにしん漬けを漬けていました。
にしん漬けというのは、北海道ではポピュラーな漬物で、メインの材料は一辺3センチ程度のにしん、でっかく乱切りにした大根、これまたでっかく切ったキャベツ、千切りのにんじんなど。にしんと麹の風味が独特で、薄味の野菜をバリバリたくさん食べる漬物でした。秋口につけ込み、冬の間に食べる保存食という性格もあったかと思います。
生まれ育った古い家には台所が二つありました。古い方の台所はほとんど使われておらず、冬には暖房が入っていなかったので常時氷点下になるかならないかの状態だったのですが、これが漬物を置いておくのに最適の環境だったんですよね。あの凍る寸前のにしん漬けは本当に美味かった。

そのうち母親も面倒になったのか、にしん漬けを漬けることもなくなり、その後は北海道との縁も切れて、ずいぶん長い間にしん漬けを口にすることはありませんでした。
そんなわけで、なぜ最近になって急ににしん漬けのことを思い出したのかわかりません。ジンギスカン(羊肉)とか甘くないとうきびとか、昔慣れ親しんだ食材を通販で取り寄せるうちに、ふと思い出したということだったのかな。

ネットで検索して見つけたのは、留萌の丸夕 田中青果という漬物屋でした。
「やん衆にしん漬」という商品が何とアマゾンで手に入ることがわかり、早速ゲット。
食べてみましたが、まぎれもなくにしん漬けの味がして感動しました。子供の頃に食べた自家製のにしん漬けの味の記憶とは違うけど。漬物みたいな発酵食品が同じ味ってことはまずないですよね。

ただ、産直にありがちなことですが、2100円の商品で送料が980円は痛い。
都内で扱っていたりしないかなぁと思ってウェブサイトを見ていたら、何やら秋に全国各地のデパートで行われる北海道物産展に参加している模様。
催事のコーナーに日時と場所のリストが載っているので、興味のある方はどうぞ。とりあえず10月中くらいはどこかここかで手に入りそうです。

[`evernote` not found]

鰹節削り方講習会@築地伏高

20年前に東京で一人暮らしを始めたとき、合羽橋で調理器具をあれこれ買ったんですが、その中に鰹節削り器もありました。包丁とともにつば屋で買い込み、早速試してみましたが、どうにもうまく削れず。根性がないので、削り器は速やかにお蔵入りになり、その後はもっぱらオカカ7型のお世話になってました。

長い時が流れ、最近、築地の伏高という鰹節店で、鰹節削り方講習会なるものをやっていることを偶然発見。参加料も無料ということで早速申し込み、先週末行ってきました。実は築地ってちゃんと行ったことがなくて、移転前に一度行っておきたいというおのぼりさん気分もあったんですが。

当日は雨が降っていたんですが、築地はものすごい人でごったがえしてました。とにかく観光客が多い。それも外国人。築地ってこんなことになってるんだとびっくり。
人をかき分けかき分けして、ようやく伏高に到着。ちょっと早く着いたんですが、受講者は私一人ということで、すぐに始めてもらいました。
いやーこういうのって本当に百聞は一見にしかずで、鰹節の方向や角度、持ち方、力の入れ方、最初の面の付け方など、丁寧に指導してもらって本当によくわかりました。鉋の刃の出具合の調整は、やはり結構クリティカルですが、どういうふうに追い込んでいけばいいのかの相場観のようなものは何となくわかりました。多分、自分でも調整できるようになったのではないかと思いますが、どうだか。正しくない使い方をした後に長年死蔵してたこともあって、刃がずいぶん切れなくなっているので(自分の削り器を持ち込んだんですが、お店の削り器とはやはりだいぶ切れ味が違う)、一度研ぎに出した方がよさそうです。
鰹節を一本買って、店を後にしました。

その後は、場内の和食・魚料理かとうという店で少し早い昼飯。隣の寿司屋など、めちゃ並んでいる店もありましたが、和食かとうは自分が入ってちょうど満席というくらいの客の入り。めばるの煮魚を食いましたが、上品な薄味で美味しかった。
移転前にもう一回くらい飯を食いに来ようかな。

※追記 伏高はYouTubeに鰹節の削り方に関する三部作の動画をアップしてます。興味のある方はどうぞ。

[`evernote` not found]

近所のキッチン雑貨屋が閉店。

今日、商店街を歩いていたら、とあるキッチン雑貨屋が今月で閉店との案内が。
それなりにひいきにしていたので残念です。

たとえばこんなものを買ってました。

日東紡のふきん
暮らしの手帖と共同開発されたということで有名なふきん。子供の頃から家にあった。
リッターのピーラー
子供の頃、初めて使ったピーラーがこちら。不器用でナイフを使うのが怖かったので、ピーラーって何て便利なんだ!と思った記憶が。
木屋の洋包丁
近所で買えば歯がこぼれたりしたときに直しに出すのが楽で良いと思っていたんですが・・・。
■バーゲンの深型フライパン
底が平らな中華鍋とも言う。全く焦げ付かないし、十分な深さがあるので勢いよく振り回したりかき回したりしても安心でとても便利。

愛工業野菜調理器Qシリーズとかも置いてました。これはメーカーの通販サイトで買ってしまってましたが。

その他、おわんとか箸とか皿とか、結構いろいろ買ったな。
いま思い出したけど、サンダルフォーのフルーツスプレッドの深い瓶に使えるような柄の長いスプーンを探していたら、ぴったりの道具(スプーンでは無く先が平らになった、まさにフルーツスプレッドを塗る専用の道具という感じ)が見つかって感動したことも。

葉巻とかも月に一回くらい買ってました。一番安いコロナ・スマトラというやつ(300円)。

こうやって並べてみると、戦後日本が生み出した良心的な中級品、という感じ(葉巻を除く)。

キッチン雑貨って、百円ショップやネット通販ですごく打撃を受けた業態の一つなんだろうな。
残念です。

[`evernote` not found]