カテゴリー別アーカイブ:

札幌周辺旅行記(その1)

先週末から3泊4日で札幌に行ってきました。
メインの目的は10/20に閉店する福来軒本店に行くことですが、それだけだったら、もう少し旅行料金が安くなる9月〜10月にしたでしょう。

もう一つの目的はサマー(スキー)ジャンプを見に行くこと。札幌の大会は8月第1週に開催されるので、これで旅行時期がピンポイントに決まってしまいます。

今回は8/6(日)の大倉山チャレンジカップ2017サマージャンプ大会というのを見に行ったんですが、女子は上位選手が海外遠征にちょうど出発してしまって不参加(前日の札幌市長杯には出場していたようなんですが。。。)だったのがちょっと残念。一方、男子は葛西、竹内、伊東がそろって出場。みんな良いジャンプをしてくれて、なかなか見応えがありました。
何より、夏の青空の下で見るジャンプ台は最高! 札幌の空気は東京よりも圧倒的に涼しく乾いてはいますが、さすがに真夏の炎天下は日差しが強烈で、めちゃ日焼けしたっぽい。

■ジャンプ台のでかさはどうやっても写真では伝わらないので、ぜひ足を運んで体感してほしいところ。初めて見る人の多くは唖然とします。

■着地面の真横のかぶりつきのところまで観客席があるジャンプ台は世界的にも稀なのでは? 選手が身体をほぼ水平になるまで前傾しながら時速90キロで空をぶっとんでいくのを目の前で見るのは、なかなか強烈な体験です。というか着地面の急な角度がそもそもあり得ません。写真を撮った場所から下を見下ろすと、こんなところに向かって飛び降りていくのかと愕然とします。

[`evernote` not found]

讃岐旅行記 その5(びんび家)

その4で終わりのつもりだったんですが、あとで見返してみたら、びんび家のことを書き忘れてました。
その4に追記してもいいんですが、その5を書くことにしました。

びんび家は、鳴門の海沿いにある魚料理の店です。
これまで2回行ったけど、いずれも友人の車で連れて行ってもらいました。
とても美味しくて安くて強烈に印象に残る店だったのだけど、かなり不便な場所にあるので、ときどき思い出しては、もう訪れる機会はないかもな、なんて思ってました。

が。今回レンタカーを借りたということで、これは行くしかないな、と。
正直なところ、鳴門山展望台はびんび家に行くついでに寄ったという感じです。逆ではありません。

久しぶりに訪れたびんび家は、なんだかずいぶん明るく綺麗になってました。
まあ前回訪れてから15年以上たっているのだから、変わって当然ではあるけど。
でも、大衆的な雰囲気と値段は変わってなかった。
びんびめし(せいろに語版を入れ、上に魚介類をのせて蒸したもの)、ぼたんえび刺身、まぐろ刺身をいただきました。
やっぱりうまい。まぐろよりは鳴門鯛とかを頼んだ方がよかったかなと後で思ったけど、でもまぐろもうまかったですよ。
あと何と言ってもわかめの味噌汁。ぶりんぶりんの活きのよいわかめがぎっしり詰め込まれています。最高です。

なんだか、生きているうちにここを訪れるのはもしかしたらこれが最後かもしれないな、という思いがして、かみしめるようにいただきました。
別に、行こうと思えばいつだって行けるはずなんだけど。。。

[`evernote` not found]

讃岐旅行記 その4(その他)

今回の旅行の他のイベントについてメモ。

■こんぴらさん(金刀比羅宮)
 これまで琴電琴平駅まで来たことはあったけど、もっぱら琴平電鉄に乗るのが目的だったため、肝心のこんぴらさんは訪れたことがありませんでした。
 今回はレンタカーということで、じっくりゆっくり・・・というつもりでしたが、千段以上もある石段に速攻で挫折。私のような中高年には向いてない・・・と思いながら周りを見ると、大勢のじいさんばあさんが元気よく上り下りしておる。この年代は登山とか好きだからなー。まあいい。「中高年に向いていない」は「根性なしに向いていない」に訂正する。
 門前は、電線地中化などリニューアルされた出雲大社のに比べると、良くも悪くも昭和な感じ。

■鳴門山展望台
 びんび家のためだけに鳴門に行くのもなんなので、時間もあるし鳴門海峡を見に行こう・・・と思ったのだけど、カーナビで見たら森川義信の生家から鳴門まで110キロもある!? ちょっと四国の大きさをなめていたかもしれん。
 展望台に上るエスカレーターの説明に「東洋一」と書いてあったのだけど、このくらいの長さのエスカレーターなら東京の地下鉄とかにもあるんでね?と思いました。ウィキペディアを見たら「近畿9府県で最長」とのこと。なるほど。
 景色は確かに素晴らしかった。鳴門の渦は見られなかったけど、大鳴門橋の下あたりの潮の流れは、いかにもここに渦ができそうな感じ。

■栗林公園
 初めて訪問。朝に散歩したのだけど、これだけ手入れの行き届いた広大な庭園を、ほとんど人に出会うことなく散歩できるというのは地方ならではの贅沢という感じ。途中で出会ったスタッフ(郵便配達?)のおばちゃんが「あちらでカルガモの赤ちゃんが見られるよ」と教えてくれたので、ほぉと思って見に行ったり。3羽いたけど、みんなちっちゃくてかわいかった。

■さか枝
 以前の記憶よりはずいぶん麺がやわらかかったような。時間帯のせいなのかな。

■大漁酒場 魚松本店
 岡山に来たら鰆を食おう!と思っていたので、刺身が食えて満足。ついでにトビウオの刺身も。

■大原美術館
 以前に訪れた記憶がほとんど雲散霧消していることにいつもながら愕然とする。
 が、ピカソの「頭蓋骨のある静物」を見て、いきなり記憶が戻る。やっぱりこの絵は好きだー。
 というわけで、絵はがきを購入。以前にも買ったような気がする。後で家捜ししてみよう。

[`evernote` not found]

讃岐旅行記 その3(直島)

直島がいつからコンテンポラリーアートの島になったのか、よく知りません。
(ぐぐったりウィキペディアを見ればすぐわかるんだろうけど)
また、私がそのことを認識したのがいつ頃だったのかもよく覚えてません。
とにかく、なんだかぐだぐだな経緯で今回の旅行の目玉として直島が組み込まれることになりました。
瀬戸内を船で渡りたかったという気持ちが実は一番大きかったかも。

今回の旅は、天気にはとても恵まれました。
気温もそんなに高くないし(朝晩は少し肌寒いくらい)。
とはいえ、真っ昼間の直射日光は結構こたえます。
ベネッセハウスミュージアム、李禹煥美術館、地中美術館を歩いてはしごしたんですが、海岸から小高い丘というか山の上まで、トータルで40分くらいは歩いたかな。景色も良くてピクニック気分を満喫したことは確かなのだけど、とにかく日差しは熱い。

感想なぞ。
■ベネッセハウスミュージアム
あんまりぴんとこなかった。
■李禹煥美術館
書いた作品より、石や鉄板を組み合わせたもののほうが好きかも。
■地中美術館
ジェームズ・タレル。オープン・スカイは金沢21世紀美術館のブルー・プラネット・スカイと同様、四角に切り抜かれた天井から空が見える部屋なのだけど、こちらの方がずいぶん白くてまぶしい気がしたのは季節のせいなのかな。あと、オープン・スペース。あの青い空間に入れると思わなかったので、かなり新鮮な驚きが。
モネは、作品よりも、障子の部屋のようなやわらかい光に感動。なんだかんだいって安藤忠雄って結構好きなんだなと再確認(東横線の渋谷駅は許せないけど、まあ安藤忠雄だけが悪いわけでもなし)。
■草間彌生
フェリー乗り場や美術館近くの海岸に草間彌生のかぼちゃが設置されています。中は空洞になっていて、子供が普通に出入りして遊んでました。あと、町営バスとかタクシーとかにもかぼちゃがペイントされていた。これまで草間彌生って、なんか変わってるなーくらいにしか思ってなかったけど、こういうロケーションに置いてみると、意外といい感じ。

あとは、直島銭湯「I♥湯」が臨時休館していて入れなかったのが残念。

[`evernote` not found]

讃岐旅行記 その2(森川義信生家の詩碑)

森川義信という詩人のことをどのようにして知ったか、あまり覚えていません。

高校から大学の頃、現代詩というものに興味を持って、少しだけ読んでいたことがあります。
ただ、とても感動して深くのめり込んだ、ということは全然なくて、なんとなく微妙な距離感を持って接していたという感じだったように思います。基本的な部分で、あまりよくわからなかったというか、ぴんとこなかったということなのかもしれません。それでも完全に縁が切れるというわけでもなく、細々と付き合い続けたのはなんでなんだろ。やっぱり詩を書いてみたかったのかな。

そんな中で読んだ「鮎川信夫詩集(現代詩文庫)」の最初の方に出てくる、戦争で死んだ友人のことを語る遺言執行人というモチーフで書かれたいくつかの詩が印象に残りました。
そして、Mというイニシャルで語られる「死んだ男」が森川義信という詩人のことだと、何を読んで知ったのか。。。
※ちなみに、「死んだ男」の最後の行「きみの胸の傷口は今でもまだ痛むか」にインスパイアされて、スガシカオはSweet Babyの「むねのシリコンは まだ今でも そんなに痛むかい」というフレーズを書いた、という話もあったような。これも何で知ったのか覚えていない。。。

森川義信という人は一体どういう詩を書いたのか、好奇心を持って「鮎川信夫詩集」の巻末にある現代詩文庫のリストを見てみたけど、森川義信という名前を見つけることはできず、なんだかがっかりしたことを今思い出しました。

その後、大学卒業前後(本の奥付の日付からその頃だろうと推定しているだけで覚えているわけではありません)に読んだ「ぼくの現代詩入門(北村太郎)」という本に、「若い荒地の詩」という章があって、そこに森川義信の詩が2つ載っていました。ひとつは「勾配」、もう一つは「あるるかんの死」です。
「勾配」はそのとき初めて読んだけど、「あるるかんの死」は見覚えがあったように記憶しています。高校の教科書か何かに載っていたのかな。そのあたりもどうにも定かではないんですが。
「あるるかんの死」について、北村太郎はこう書いています。

こうして書き写していると、身体が震えてくるみたいな感動を覚えます。こんなにも深く、読むものを沈黙に引き込む詩って、この百年の間に何篇あったか、と思います。

この百年の間にあった詩についてほとんど何も知らない私にこの評価の是非を語る資格はないけれど、「読むものを沈黙に引き込む詩」というのはなんだかわかる気がします。

その後、長い時が経過して、最近どういうわけかアマゾンで森川義信の詩集を入手することになりました。
なんでこのようなものが目に留まったのか、最近のことなのによく覚えていません。耄碌してきたんでしょうか。
編者の鮎川信夫が解説で「・・・あまりうまくない朔太郎ばりの詩を書く一方、・・・シュルレアリスムの栄光を受けたような詩も書くという具合に、中期ではやや作風に変化を来した・・・」と書いているとおり、結構いろんなタイプの詩があって興味深く読みました。初期の作品など十代に書かれていることもあって、若々しいなぁという印象。

で、この本に載っている年表から、香川県三豊郡の生まれだという事を知りました。本人や家族の写真の他、生家の写真まで載っていました。
そこから、どうして生家に「勾配」の詩碑があることを知ったのか、これまた最近のことなのになんだかよく思い出せません。たぶん何となくあれこれぐぐっているうちに引っかかったんだろうと思いますが。

で、今回の讃岐旅行に森川義信の生家にある「勾配」の詩碑を見に行くというイベントが、出来心のようにして挿入されたのでした。
場所はすぐにわかりました。稲作地帯に散在するのどかな集落という感じ。「森川義信文学館」のようなものがあるわけではなく、古い日本家屋の空き家の前に石碑があるだけです。

衝動を芸術に具体化するうえにおいて、太古の洞窟に動物の絵をはじめて描いた原始人と同じような手を持っていたということが、彼の不幸であり、栄光であった。(鮎川信夫解説)

どうも天然の自然人みたいなタイプの人だったらしいので、たぶんどんな時代のどんな場所に生まれていても、その才能は開花したんだろうなと想像します。
で、讃岐ののどかな田舎に育ち、東京で数々のきらめくような才能の持ち主たちと交流したあと、異国の地に出征し25歳で戦病死する人生というものに、石碑の前で思いをはせようとしてみましたが、6月の日差しを受けて頭がぼんやりするばかりで、なんだかうまくいきませんでした。

自分はここで一体何をやってるんだろ。

 

[`evernote` not found]