カテゴリー別アーカイブ: 音楽〜作る・演奏する

エレキギターのビリつき

先日買ったエレキギター(Reverend Jetstream 390)を弾いていて感じるのは、アコースティックなビリつきのようなものが(ほとんど)ないことです。
昔持っていたやつは、あちこちビリついていたような気がするんですよね。大学のときに中古で買ったレスポールカスタムのコピーモデル(3ピックアップ。ピーター・フランプトンモデルとかいうやつだったかなぁ)も、10年前に買ったエピフォン・カジノ(韓国製)も。
ビリつく場所も、ピックガードだったりピックアップカバーだったりトグルスイッチだったりいろいろ。押さえるポジションによっては弦がフレットに当たったり。
でも、ギター教室の先生や店の人にその話をすると、いつも「エレキギターというのはそんなもん。出音に影響なければ問題なし」と片付けられてしまっていたんですよね。まあさすがに弦がフレットに当たったら出音に影響あるでしょうが・・・。
なんだか釈然としない思いを抱きつつ、「ま、詳しい人が言うんだからそうなんでしょ」と自分を納得させていたんですが。

でも、今回買ったギターを弾いて、アコースティックなビリつきがないのは気分が良いことだなぁと実感。
私の場合、大音量が欲しいのではなくエレキの音色が欲しいわけで、弾くときはかなり小さめの音量なので、できれば本体からは余計な雑音が出ないでほしいわけです。
そういえば12弦のBurns Double Sixもビリつきは(ほとんど)なかったな。
ちなみに、ReverendもBurnsも中国製。そういえばEastmanのフルアコはメーカー自体が中国。どれも質は高いと思います。
ビリつかなきゃいい楽器というわけでもないだろうけど、取りあえず気になる要素が一つでも少ないのはありがたいことです。


Reverend Jetstream 390

うひょひょひょひょ。
161024reverend
なんで買ったかって? まあ理屈はいろいろつけられるけど、基本的には一目惚れ。ちょっとビザールな感じの形と色。
実用面の話としては、エレキの音で弾き語りをするとき、フルアコだと弦の生鳴りが大きくてちょっと邪魔な感じがしたとか。それはそれで半生っぽくて良いという意見も理解はするのだけど。
スコットランドはグラスゴーの店から取り寄せました。Brexitとかのせいか、なんだかずいぶん割安だったような・・・。
こういうストラトっぽい形のギターは初めてで(Burnsの12弦は別)、何となくネックがあまりしっくりこないようなイメージがあったのだけど、これはかなりいい感触。
ちょっとだけしか弾いてないけど、やっぱP90の音は好きだー(なーんてあんまりよくわかっとらんのだけど)。
ばりばり使うぞー。


YouTubeの行き届いた著作権管理

1609youtube03

昨日の朝にYouTubeにアップしたジョニ・ミッチェルの曲Little Greenの弾き語り動画ですが、夜に様子を見に行ったら、なんだか管理画面に「著作権保護されたコンテンツが含まれています」との見慣れない文言が。
げげっ??っと思って、編集画面を見に行ったら、こんなことが書いてあります。
1609youtube04

いやいや行き届いてますなYouTube。当然、自動的に巡回して拾い上げているんだろうけど、ずいぶん話の早いことで。
でもそのうち動画の内容に広告価値があるか否かがAIで自動判定されて、広告価値なしと判定された場合は著作権使用料を払わなくてはならない、とかいうことになったらどうしよう。

【追記】ついさきほどYouTubeの「あなたへのおすすめ」に「Pentangle before Pentangle – Folksangere 1967」とかいうのが表示されたので、ほぉと思って観に行ったら、「この動画では著作権で保護された音声トラックが使用されていました。著作権者からの申し立てにより、音声トラックはミュート状態となっています。」だと!
著作権管理行き届きすぎや。


久々に動画なぞアップしてみる。


ブログの更新も2ヶ月ぶり。暑さにかまけてすっかりさぼってしまいました。
動画のアップに至っては、昨年8月以来1年以上全くやってません。まあ音楽活動そのものもほとんど何もやってなかったわけですが。

ということで、生存証明のように動画なぞアップしてみます。
ジョニ・ミッチェルのアルバム「ブルー」に入っているリトル・グリーンという曲です。
ブルーは1971年のアルバムですが、リトル・グリーンは1968年のレコードデビュー前から演っていた曲で、YouTubeには1967年のライブ動画がころがっていたりします。一部のメロディがブルー収録のバージョンとは違っていますね。それにしても力強い声で自由自在に歌っておるな。

歌詞の内容はこちらの解説が参考になります。
ちなみにグーグルで翻訳してみたらこうなりました。
 英:Born with the moon in Cancer
 和:がんで月に生まれました
・・・やっぱり、というか何というか。

上記のサイトの方も書かれていますが、歌うのはほんと難しい。相当時間をかけて練習したんだけどこの程度です。もっと練習すればさらに良くなるかもしれないけど、ちょっと飽きてきてこれ以上やると楽しくなくなりそうだったので、この辺で見切り発車することにしました。
ギターのチューニングはレギュラーではなくオープンGの4カポです。
元々オルタネート・チューニングで曲を書いてみたくて、研究開発モードで着手したはずなんで、歌でドツボにはまってバテバテになっているのは何だか本末転倒な気もしますが、でも個々のテクニックだけじゃなくて音楽全体を栄養として吸収しないと、何かを作るところまでたどり着けないみたいなんですよね私の場合。


新興国の割安な高級(?)品

最初にそういう感じがしたのは、何年か(もしかすると10年以上前かも)ベトナム製のアコギというのをアコースティック・ギター・マガジンで見たときだったかな(名前は忘れた)。一見してマーティンっぽい感じで、レビューもそれなりに好意的なことが書いてあって、お値段もマーティンよりはだいぶ安いけどそこそこ、みたいな感じだった記憶が。

いま使っているギターはイーストマンのフルアコ。
オール単板のアーチトップはギブソンだったら目んたまがぴよーんと飛び出る値段だけど、イーストマンのサイトを見ると私が持っているやつの実勢価格は41万円。まあこれとても十分すぎるくらい高いですが。ちなみに私はeBayで1500ドルでゲット。

話は突然ギターから靴に移ります。
最近、ジャラン・スリウェアというブランドの靴を買いました。
インドネシア製で、高級な作りの靴が割安(だいたい3万円くらい)という触れ込み。
確かに見た目はいい感じだし、何回か履いてみても結構良さそう(まだちょっと硬いけど)。

日本も、いにしえの高度成長のプロセスの中で、最初は安かろう悪かろうだったのが、次第に割安で結構良い(時にはすごく良い)ものを作るようになっていったと思いますが、一方でその「良さ」というのは「品質の良さ」であって、もの自体の位置づけは「中級品」であることが多かったような気がしています。

それに比べると、上に挙げたような新興国の製品はもうちょっと高級な路線っぽい。

あまり深く考えたわけでもないですが、なんとなくそんな感じがしています。