カテゴリー別アーカイブ: 音楽〜作る・演奏する

【ライブ告知】日本語ボサノヴァ三国志Ⅷ【10/6】

【日時】10月6日(金)19:00〜
【場所】Cafe Muriwui(地図はこちら
【料金】投げ銭制(+席料500円)
【出演】
東輝美(vo.g)
OTT(vo.g)
heli(vo.g)

日本語ボサノヴァ担当のOTTさん、三国志担当の東輝美さん、事務局担当のheli(私)がお届けする「日本語ボサノヴァ三国志」の第八回目です。

ボサノヴァは自分が音楽をやり始めて以来、大きな柱の一つであり続けてきました。
にもかかわらず一方で、何となく距離を置こう、遠ざかろう、みたいな気持ちもあったことは否めません。近親憎悪みたいな感じでしょうか。
そんな自分の引き裂かれた気持ちに橋を架けてくれる貴重な機会として、日本語ボサノヴァ三国志は自分にとって重要なイベントであり続けてきました。

そんな自分語りは抜きにしても、単純に面白く楽しいイベントであることは間違いなく、私もOTTさんや東さんの演奏を見るのが楽しみで仕方がありません。
多くの方のお越しをお待ちしています!

【追記】
11月26日(日)夜には渋谷North Marine Driveでライブ開催予定。詳細は後日案内します。ぜひこちらもよろしくお願いします!

[`evernote` not found]

「白い月」弾き語り動画をアップしました。

友人サワラさんの名曲「白い月」の弾き語り動画をアップしました。

自分で曲を作り始めるだいぶ前から、なぜか曲作りの才能のある友人に恵まれてきました。
(今でも恵まれ続けています)。
そして、そんな友人たちが作る曲から多大な刺激を受けて、とうとう私も曲作りなぞ始めるようになったわけですが。。。

そんな友人たちの曲の中でも、この「白い月」は極めつけの名曲だと思います。

十数年前に初めて聴いたときも素晴らしいと思ったけど、その後、自分のライブでサワラさんの伴奏で歌い、さらにその後サワラさんが諸事情によりライブにお越しいただくことが難しくなったためピアノ伴奏を耳コピして弾き語りするようになって、曲に対する理解が深まったせいか、この曲の凄さをひしひしと感じるようになりました。

この、ぎゅっと凝縮された無駄のない感じ。
歌詞とメロディとコードとアレンジ(伴奏)が緊密な関係を保ちながら、どんどん変わっていく(ほとんど繰り返しがない)感じ。

演奏していて思うのは、一所懸命表現しようと努力する必要を感じないこと。
歌詞とメロディとコードとアレンジ(伴奏)が一体となって作り出しているものに乗っかれば、ひとりでにそういう気分になるんですよね。
もちろん演奏の出来映えは別の問題なので、今回アップした動画からそういうものが感じ取れるかどうかは保証の限りではありませんが。。。

こんな曲が作れたらなぁ。。。という憧れの気持ちをかきたてる、そんな曲です。

[`evernote` not found]

Águas de Março / Waters of March / 三月の水 弾き語り動画アップしました。


ボサノヴァのいわゆるスタンダードナンバーの弾き語りをアップするのはずいぶん久しぶりです。
調べてみたら、ワンノートサンバ以来7年ぶりだった。もうそんなにたったのか。。。
当時のことを思い返すと、はやくスタンダードのコピーを卒業して曲作りに乗り出さなくては。。。と焦っていたように思います。
本当はもっとじっくり、それこそ100曲くらいスタンダードに取り組んで、十分に咀嚼し血肉化してからといきたいところだったけど、年齢的なこともあって、残された時間があまりないという気持ちになってしまっていたんですよね。7年たってみたら、意外とそんなこともなかったのだけど。
で、何となく行き詰まった感もあったので原点回帰、と。なんだかありきたりな展開だけど、そんな感じです。

三月の水ですが、単語の羅列のような長い歌詞を少数のメロディで延々と繰り返していくのが、なんだかお経を唱えているようでもあり。何となく今の自分に相応しいような。

[`evernote` not found]

エレキギターのビリつき

先日買ったエレキギター(Reverend Jetstream 390)を弾いていて感じるのは、アコースティックなビリつきのようなものが(ほとんど)ないことです。
昔持っていたやつは、あちこちビリついていたような気がするんですよね。大学のときに中古で買ったレスポールカスタムのコピーモデル(3ピックアップ。ピーター・フランプトンモデルとかいうやつだったかなぁ)も、10年前に買ったエピフォン・カジノ(韓国製)も。
ビリつく場所も、ピックガードだったりピックアップカバーだったりトグルスイッチだったりいろいろ。押さえるポジションによっては弦がフレットに当たったり。
でも、ギター教室の先生や店の人にその話をすると、いつも「エレキギターというのはそんなもん。出音に影響なければ問題なし」と片付けられてしまっていたんですよね。まあさすがに弦がフレットに当たったら出音に影響あるでしょうが・・・。
なんだか釈然としない思いを抱きつつ、「ま、詳しい人が言うんだからそうなんでしょ」と自分を納得させていたんですが。

でも、今回買ったギターを弾いて、アコースティックなビリつきがないのは気分が良いことだなぁと実感。
私の場合、大音量が欲しいのではなくエレキの音色が欲しいわけで、弾くときはかなり小さめの音量なので、できれば本体からは余計な雑音が出ないでほしいわけです。
そういえば12弦のBurns Double Sixもビリつきは(ほとんど)なかったな。
ちなみに、ReverendもBurnsも中国製。そういえばEastmanのフルアコはメーカー自体が中国。どれも質は高いと思います。
ビリつかなきゃいい楽器というわけでもないだろうけど、取りあえず気になる要素が一つでも少ないのはありがたいことです。

[`evernote` not found]

Reverend Jetstream 390

うひょひょひょひょ。
161024reverend
なんで買ったかって? まあ理屈はいろいろつけられるけど、基本的には一目惚れ。ちょっとビザールな感じの形と色。
実用面の話としては、エレキの音で弾き語りをするとき、フルアコだと弦の生鳴りが大きくてちょっと邪魔な感じがしたとか。それはそれで半生っぽくて良いという意見も理解はするのだけど。
スコットランドはグラスゴーの店から取り寄せました。Brexitとかのせいか、なんだかずいぶん割安だったような・・・。
こういうストラトっぽい形のギターは初めてで(Burnsの12弦は別)、何となくネックがあまりしっくりこないようなイメージがあったのだけど、これはかなりいい感触。
ちょっとだけしか弾いてないけど、やっぱP90の音は好きだー(なーんてあんまりよくわかっとらんのだけど)。
ばりばり使うぞー。

[`evernote` not found]