月別アーカイブ: 2007年11月

とりあえずフルコーラスやってみた&YouTubeの別の映像

Godgrudge、なんとかフルコーラス録ってみました。
あとはひたすら唄い込み弾き込むのみ。
仕上がったらMySoundにアップします。

ところで先日紹介したYouTube映像、”Guitar Shop Tour”と称して、Polly Paulusmaがギターショップを巡って店のギターで自分の曲を弾いてみせるシリーズの一つなんですが、YouTubeの彼女のページを見るとこのシリーズには9つくらい映像があります。少しずつ見てますが、どれもなかなかいい感じ。特にTrack 1 – Day Oneは曲も演奏も素晴らしいと思います。次はこれにチャレンジしようかな。

[`evernote` not found]

ちょっとだけ。

やってみましたGodgrudge。
※11/29 フルコーラスをアップしたので、削除しました。
歌は結構難物だな。
キーを少しだけ上げようかな。弦はべろんべろんだから上げる余地は十分あるし。
何はともあれ、練習して弾き語りできるようになろうっと。

[`evernote` not found]

Godgrudge/Polly Paulusmaにチャレンジ

以前紹介したポリー・ポールズマの新譜「フィンガーズ&サムズ」、アコースティックな前作に比べるとエレキ主体の骨太な音ですが、前作同様良い曲がいっぱいあって、良く聞いています。

アルバムの末尾にボーナストラックとして何曲かアコースティックバージョンが収録されているのを聞いてちょっと弾いてみたくなり、”Godgrudge”という曲にチャレンジすべく色々情報を収集してみました。
聞いた感じでは、なんか弦がべろんべろんな感じの音だったので、これはもしかするとレギュラーチューニングじゃないかもと思ったのですが、オフィシャルサイトのフォーラムを見たら、6弦からE A# C G G Cで3カポというチューニングであることが判明。なんか、無茶苦茶低くて変なチューニングだなぁ。
で、ぐぐってみたらなんと!本人が演奏している映像がYouTubeにあるじゃないですか。

もう何度も何度も再生とポーズを繰り返しながら食い入るように見てしまいましたよ。こりゃ耳だけじゃどうやって弾いてるのかわからんな~。
なんとか9割方は弾き方がわかったので、明日から練習してみようっと。
それにしても1941年製のD-18かぁ。

[`evernote` not found]

ボイス・トレーニング

先日紹介したハリウッド・スタイル実力派ヴォーカリスト養成術に載っているトレーニングメニューを、毎日の帰宅後約20分かけてやるようにしています。

始めてからまだ2週間くらいだけど、それでもずいぶん声の出方が変わってきたように思います。声にしっかりとした張りが出てきて、長時間唄ってもあまり疲れない感じ(当社比)。
一方、当初からの目標である、
1)ミドルボイス(地声と裏声の中間の音)を出せるようになること
2)きれいなビブラートを使えるようにすること
については、すぐにできるようになるもんじゃないので、ぼちぼちという感じです。でも、思ったよりも出来てきているようにも思います(甘いか)。
てなわけで、調子に乗ってまたまたJim CroceのOperatorをアップ。何度目かの正直にしては、歌い出しの音程が怪しかったり、ギターを何カ所かとちってますが・・・。でも、このままMySoundにもアップしちゃいます。つか、Operator飽きたっす。そろそろ新しい曲を覚えたいっす。

[`evernote` not found]

防音室が欲しい

最近、ハリウッド・スタイル実力派ヴォーカリスト養成術という本を読みながら、あれこれ発声の方法を試してます。

この本、なんかいかにもアメリカ芸能界っぽい上昇志向でセレブでサクセスストーリーなテイストがあって笑えるのですが、肝心の発声に関する話はなるほどと思わせることが多く、また付録のCDもなかなか有益ではあります。
ただ、仕事から帰って家でこれを練習するのはちときついんですよね。隣の部屋との間はコンクリートの壁ではなく石膏ボードだけみたいで、結構音が洩れてくる状態です。これで思う存分発声練習なぞやろうものなら、隣人が金属バットを持って襲いかかってきかねません。
というわけで、組み立て式の防音室の購入を検討中です。
ヤマハのアビテックスとかサイレントデザインのやつとか。
あと広さをどうするか。0.8畳あればとりあえずギター弾き語りはできるけど、どうせならスピーカーでモニターできるミックス環境とかも欲しい。となると1.2畳くらいは必要な気がするし。
うーんどうしよう。

[`evernote` not found]