月別アーカイブ: 2013年11月

エピフォン・カジノにビグズビーとゴトーのペグを取り付け

表題の件ですが、実は取り付けたのはずいぶん前のことです。半年ちかくかな。
ビグズビーというのはいわゆるビブラート・ユニットというかトレモロ・アームです。
じゃあ、ビブラートをかけたいという演奏上の理由で取り付けたかというと、実はそうでもないんですよ。

★理由その1 ルックス
こんな感じ。何も言うまい。
131119casino
★理由その2 ちゃんと左用に作られたパーツを使いたい
買ったときに付いていたテイルピースは右用のものを転用しています。弦をひっかける溝の幅が低音弦ほど太くなっているんですが、左用に転用しているために低音弦ほど細くなっていて不都合です。あまり太い弦だと溝にはまらなさそう。

で、ビグズビーの弦を止める方法ですが、細くて短いピンのようなところに、弦の先端についているドーナツ状の部品の穴をひっかけて止めます。
が、本当に軽く引っかかっているだけなので、弦を張る時にずっとテンションをかけ続けていないと簡単に外れてしまいます。

・・・という問題があるのを事前にネットで情報を漁って察知し、あらかじめ買っておいたゴトーのペグに交換。
ふつう、弦を巻く時にはゆるんでこないようにポストに数回巻き付けるものですが、今回買ったペグはマグナムロックという機構がついていて、ポストの穴に弦を通して弦を引っ張った状態でペグを巻いたら勝手にロックされて、ポストに弦を何度もぐるぐる巻き付けなくても緩んでこないという優れもの。ペグの方に気を遣わなくてすむ分、ビグズビーの方で弦が外れないよう注意していれば良いので、作業が楽・・・ということで、買って試してみましたが、いやこれは確かに楽だわ。アコギのペグもマグナムロックに変えたくなりました。

[`evernote` not found]

【ライブ】梅原ヨシヒロ+heli(渋谷North Marine Drive)来場御礼!

11/23にNorth Marine Drive@渋谷にて開催した梅原ヨシヒロさんとの対バンライブ、多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。
写真も録音も何にもなくてすみません・・・。

ヨシヒロさんの演奏はいつものように(いや、本当は「いつにもまして」だったと言いたいところ)素晴らしいものでした。柔らかく小さく、でも安定していて息が長くてよく響く唄と、ナイロン弦とスチール弦を持ち替えながら、さまざまなスタイルと繊細微妙なコード感覚で奏でられるギター。秋の夜長にじんわり沁みました。

私については、現実はともかく、自分の音楽はこういう音楽であってほしいという理想(妄想)は、ヨシヒロさんの音楽によく似合うはずであると勝手に思い込んで、今回の対バンライブを企画した次第です。お越しいただいたみなさんにはどのように聞こえたことでしょうか・・・。

終了後、しばし飲み食いしながら歓談したのですが、バースデーケーキで誕生日を祝ってくれるというサプライズが!
いやー。
こんなふうに気にかけてくれる友人がいるというのは本当に嬉しいことです。
感涙にむせびながらもA型らしく冷静に人数分切り分けていただきました。美味しかった〜。

寒い中お越しいただいたみなさん、そして富山からはるばる来ていただいて素晴らしい演奏を聴かせてくれたヨシヒロさん、本当にありがとうございました!

※heliのセットリスト
ハイビスカス
同潤会アパート
ホルモン
雪のララバイ
白い月(友人サワラさんの曲)
Can we still be friends(Todd Rundgren)
自然には、かなわない
リオデジャネイロ
嘘のない心
いつか住んでいた家
音楽は僕らを

[`evernote` not found]