マイクプリ自作への道~その4


ほったらかしてたマイクプリですが、いくらなんでもそろそろ着手しようということで、重い腰を上げようかと。
てなわけで、まずはファントム電源の基板作り。Illustratorで書いてみました。
今度は感光基板にチャレンジ!(サンハヤトのキットを買ってきた)。

[`evernote` not found]

マイクプリ自作への道~その4」への6件のフィードバック

  1. うに

    おお、感光基板、作ってみたいなぁ。
    僕の場合、どうも作るものとの相性がよくなくて、やったこと無いんですよ。
    でも、一度はやってみたいです(笑)

    返信
  2. heli

    >うにさん
    どもども。
    感光基板、作る物によって相性ってあるんですか?
    全然そんなこと考えずにやることにしちゃったけど、良かったのかなぁ。
    いや、感光基板なら(というかパソコンでアートワーク作れば)ネットにもアップしやすいし、あと何度かちょっとずつパターンを変えて作り直すなんてのもやりやすいかなぁと思って。ぶきっちょで手書きが苦手というのももちろんあるけど(泣)。

    返信
  3. うに

    あいや、相性ってのはそういうことじゃないです(笑)
    僕が作るものはデジタルものなんですが、そうするとICの足の穴をきれいに穿けないと、うまく刺さらないんですよ。
    普通に100を超える穴を、きちっと直線的に穿けるわけで、そんなモノ手動でやってられないです(^^;
    しかも、足と足の間をパターンが這いずり回るわけで、自作の感光で再現できる自信が無いんですよ(自爆)
    でもまぁ、自作マニアとしては、感光してみたいです(^o^)

    返信
  4. heli

    >うにさん
    ああそうかぁ。世の中便利なユニバーサル基板がいっぱいありますもんね。
    でも、なんかユニバーサル基板にすずめっき線でパターン作ってくのって、なんか考えただけで気が遠くなるんですが(手書きはもっと気が遠くなりそうですが)、あれも慣れなんでしょうか。それとももっと別な上手いやり方があるのかな。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*