yojikとwanda対バンライブ@north marine drive終了!

130330_1810
(写真提供:あのまりあさん)

 というわけで、昨夜なんとかライブをやり通すことができて、今日は魂の抜け殻と化しているheliです。

 ライブは前半が私、休憩を挟んで後半がyojikとwandaという二部構成でした。
 で、私ですが。
■セットリストと解説(のようなもの)
1.同潤会アパート
2.いつか住んでいた家
 この2曲は、これまでライブではずっとボサノヴァで演ってきましたが、今回はCDのバージョンと同じく、1.は16ビートのカッティングで、2.は3フィンガーで弾きました(ただしエレキギターですが)。
3.雪のララバイ
4.白い月(友人のサワラさんの曲)
5.自然には、かなわない(新曲)
 この3曲はピアノ弾き語りで。
6.ホルモン(新曲)
7.リオデジャネイロ
 この2曲はボサノヴァスタイルで弾きました(ただしエレキギターで)。
8.音楽は僕らを(新曲)
 これは8ビートのカッティングで(ただしエレキギターで)。

■今回はいろいろと新しい試みにチャレンジしてみました。
1.エレキギター
 今回はボサノヴァばかりでなく、ピックでのコードカッティングとか3フィンガーとかもやるということで、エレキギターを使ってみました。ナイロン弦のギターでも出来ないわけはないんですが、どうもコードカッティングがいい感じでできなかったんですよね。
 やってみて思ったのは、弦はもっと太いゲージの方がいいかなということ。ベンドをやるわけでもなく、ギターにあまり気を遣うことが出来ない(技術的にもメンタル的にも)場合、テンションが緩くてちょっとしたことでピッチが変わってしまうのはデメリットの方が大きいのかなと。まぁ、腕前が駄目すぎなのを何とかする方が先決なんだとは思いますが。
 ちなみに、エレキは、Macbook Air+USBオーディオインターフェースにつないで、Mainstageを立ち上げてエフェクトをほんのりかけてみました。まぁ今回のようなシンプルな使い方だったらそんな仕掛けは全然要らないんですが、今後に向けての第一歩ということで。
2.ピアノ
 最初に触った楽器は、5歳から9歳までやっていたピアノなんですよね(野球の方が面白くなって止めたという、ありがちなパターン)。だから、ピアノを弾くのは全然抵抗がないというか、むしろギターよりしっくり来るんですが、若い頃から好きだった音楽の多くがギターものだったんで・・・。でも、最近はその辺のこだわりもあまりなくなってきたし、自由に操れることにメリットも感じるので、これからはピアノも積極的に使っていこうかなと。
 それにしても白い月のピアノを弾きながら唄うのは難しかった・・・。
3.ヘッドセットマイク
 ギターが下手なせいで、唄っているときについつい指板を見てしまうんですが、そうするとマイクから口が外れてしまい、唄が聞こえづらくなってしまうんですよね。どうやったら解決できるか考えた結果、以前に路上ライブをやろうと思って買ったまま放置していたヘッドセットマイクshure WH20を試してみることにしました。音質とかトータルとしてどうだったかはわからないけど、少なくとも上記の問題は解決したのではないかと。

■新曲について
 7ヶ月ぶりのライブということで、1曲くらいは新曲用意したいなと思い、2月上旬くらいにじたばたしてみたところ、なんだか3曲も出来てしまいました。曲を作ること自体は2年ぶりくらいで本当にできるのか不安だったので、嬉しい誤算ではあったんですが、3曲もあるとライブに向けて準備・練習するのが大変でした。

■yojikとwandaのステージ
 客席で聴きました。3月にセカンドアルバム「Hey! Sa!」を出したばかりの彼らですが、収録曲には必ずしもこだわらず(というか、それだけ持ち歌が多いということですが)、とんがった曲あり、面白い曲あり、しんみりまったりした曲あり(「この町が好き」は結構久しぶりじゃないかな。やはり彼ららしく色々変えてましたが)、王道の「I love you」ありと、変化に富んだ曲目で面白かったです。
 最後には私も加わって、Fairground AttractionのAllelujahをやりました。yojikさんのことを友人から教えてもらって、あれこれ見聞きした中にこの曲の弾き語り動画があったんですが、これは本当に衝撃的に良かったんですよね。

north marine driveについて
 yojikとwandaのリハを聞いて、「ああ、いい音だなぁ」と思ったんですよね。とても明瞭で聞きやすい音という印象でした。お客さんが入って音は変わったと思いますが、音響の面では良かったのではないでしょうか。
 場所は少しわかりにくいかもしれないけど、東急ハンズ渋谷店の近くということでアクセスも良く、店の雰囲気もカジュアル過ぎずフォーマルすぎず、良い案配だったような。

 何はともあれ、寒いなかお越しいただいた方々に厚くお礼申し上げます。どうもありがとうございました!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*