「白い月」弾き語り動画をアップしました。

友人サワラさんの名曲「白い月」の弾き語り動画をアップしました。

自分で曲を作り始めるだいぶ前から、なぜか曲作りの才能のある友人に恵まれてきました。
(今でも恵まれ続けています)。
そして、そんな友人たちが作る曲から多大な刺激を受けて、とうとう私も曲作りなぞ始めるようになったわけですが。。。

そんな友人たちの曲の中でも、この「白い月」は極めつけの名曲だと思います。

十数年前に初めて聴いたときも素晴らしいと思ったけど、その後、自分のライブでサワラさんの伴奏で歌い、さらにその後サワラさんが諸事情によりライブにお越しいただくことが難しくなったためピアノ伴奏を耳コピして弾き語りするようになって、曲に対する理解が深まったせいか、この曲の凄さをひしひしと感じるようになりました。

この、ぎゅっと凝縮された無駄のない感じ。
歌詞とメロディとコードとアレンジ(伴奏)が緊密な関係を保ちながら、どんどん変わっていく(ほとんど繰り返しがない)感じ。

演奏していて思うのは、一所懸命表現しようと努力する必要を感じないこと。
歌詞とメロディとコードとアレンジ(伴奏)が一体となって作り出しているものに乗っかれば、ひとりでにそういう気分になるんですよね。
もちろん演奏の出来映えは別の問題なので、今回アップした動画からそういうものが感じ取れるかどうかは保証の限りではありませんが。。。

こんな曲が作れたらなぁ。。。という憧れの気持ちをかきたてる、そんな曲です。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*