Aos pés da Cruz弾き語り動画アップしました。

最近、ライブも曲作りもすっかりさぼってしまっています。
もっとも、ライブはともかく曲作りに関しては、いろいろ仕込んでいるところではあるので、そんなにさぼっているという気分でもないんですが(仕込みがちゃんと結実するかどうかは心もとないのだけど)。
あとは、リハビリも兼ねてボサノヴァのレパートリーの拡張に取り組んでいます。
やはり、「好きなことをやる」ことが音楽活動全体の燃料というかエンジンというかエネルギー源であって、それがコアにないと音楽活動全体が続けられないんですよね。

で、今回は「Aos pés da Cruz」。ジョアン・ジルベルトのファーストアルバムに入っている曲です。

ジョアン・ジルベルトのバージョンは、とても哀愁に満ちた美しい曲という感じですが、

オリジナル(だったかな)のオルランド・シルヴァのは、例によっていかにもなサンバですなー。Rの巻き舌がすごい。

歌詞は「十字架のもとで永遠の愛を誓ったのに(以下略)」というもの。個人的には歌詞の意味に感情移入しながら歌うのはなかなか難しいですが、典型的なボサノヴァに比べるとメロディがそれほどテクニカルというかメカニカルな感じではないので、曲の美しさに没入しながら歌ってます。

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*