yojikとwandaライブ@Mignon

なんか今週は毎日大きい会議が入ってぐったり疲れてしまいました。
てなわけで、本ブログも更新が滞っております。
先週の土曜日に行ったyojikとwandaライブのエントリーも一週間後にようやくアップするのであります。うー。

すでに素晴らしいレポートがハンチング仲間のか猫さんHOOPさんによりアップされているので、私は若干の落ち穂拾いなぞ。

Mignonでは、客席は店の奥側にあり、演奏者は表通り側のガラス窓を背にして演奏します。
すると、客は演奏者の背後の表通りの様子がガラス越しに伺えるわけですね。
やはり表通りに音はある程度聞こえるらしく、「何やってるんだろう?」とばかりに時々立ち止まって聞き入っている通行人がいるわけです。
でも、yojikとwandaは全く気づいている様子もなく演奏に集中しているのが何となく面白かったです。

こぢんまりとした居心地の良い空間だったこともあってか、演奏も何となくアットホームな感じがしました。最後の方の「欲しいものが欲しい(だっけ?)」ではwandaくんが興に乗ってガンガン弾いてyojikさんに足叩かれてましたが(笑)。

終了後、隣のペットサロンを拝見。
普段にゃんこやわんことは縁のない生活をしていますが、たまに見るとかわいいものですね。
でも、いわゆるペットショップとしてにゃんこやわんこを売っているわけではなく、犬猫の殺処分を減らしたいという思いから処分対象の動物の保護を行っているという活動の一環ということのようです(参考:動物愛護団体ランコントレ・ミグノン)。
保護した動物の譲渡会も行っているとのこと。

そんなわけで、yojikとwandaのコンサートは、普段あまり縁のない世界で行われることも多く、いろいろ社会勉強になっている面もあったりします(笑)。

[`evernote` not found]

yojikとwandaライブ@Mignon」への4件のフィードバック

  1. HOOP

    ジャーマンハンチングのあにさん、ライブレポ、ナイス補完であります!
    そうそう。通りすがりの人たちの件はすっかり失念してました。
    演奏者とのコントラストがおもしろかったですよね
    わんだくん足ぶたれ!?そのおもしろシーンをどうやらわたくし見逃したようです。
    そして「社会勉強になる」に激しく同意。
    こうゆう活動が、こういった世界があったのだなと
    カルチャーショックを受けがちです。

    異様に居心地がイイお店率、高いですよね。

    返信
  2. heli

    >HOOPさん
    いや、毎度ながらHOOPさんが入魂のレポ書いてくれるので、ちょっとさぼらせていただきました。
    通行人、結構長い時間しげしげとのぞき込んでた人もいましたよね。
    足叩き、「ちょっともう遅い時間なんだからでかい音出しちゃだめでしょー」みたいな感じだったような。
    次は病院でどのようなカルチャーショックが待ち受けているのであろうか。レポ期待。

    返信
  3. yojik

    heliさんありがとうございます。
    皆さんがレポを書いてくれるので
    いろんな記憶をよびさまされて(忘れっぽいので)
    非常に助かっております。
    足たたきを弁明しておきますと、
    あれは
    おしおきではなくて(笑)
    彼があまりにギターに集中していて
    歌の終わりを顔で知らせるのが難しかったので
    「終わるよ!」という合図のつもりでしたーーー

    返信
  4. heli

    >yojikさん
    どうもお疲れ様でした~。
    足叩きの件、納得です。解釈は間違ってましたが、いずれにしてもwandaくんが思いっきり演奏に入り込んでいたことが原因であったということですね。
    何はともあれ、wandaくんがステージ上というか人前でそこまで演奏に集中できたというのは何よりです(笑)。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*