」カテゴリーアーカイブ

秋の北海道旅行その7(石狩川河口【後編】)

石狩川ってどういうイメージなんだろう。

Wikipediaによれば、
★長さは信濃川、利根川に続いて日本で3番目
★流域面積は利根川に続いて日本で2番目
 流域面積というのは、Wikipediaによれば「河川に対して、降水(雨や雪)が集まる(流れ込む)範囲(流域)の面積」ということで、四方八方に支流が広がっているような川は流域面積が大きくなります。石狩川も支流がたくさんあり、一番長い空知川などは200km近くもあったします。そりゃ流域面積もでかくなるわな。また、流域面積が大きいほど水量も大きくなり、河口付近の川幅も広くなりますーーーということでいいのかな。
下流の方では高低差が小さく広大な石狩平野を蛇行して流れるため、あちこちに川の残骸=三日月湖があるのも特徴です。

■石狩川と三日月湖。今回走った道道508号矢臼場札幌線は、石狩川と三日月湖(茨戸川)の間の細い隙間を抜けていきます。

というわけで、まずは石狩河口橋を渡ります。目的地である番屋の湯に行くだけなら、この橋は渡る必要がないんですが、この北海道で2番目に長大な橋はぜひ渡っておきたかった。今でこそベイブリッジだのレインボーブリッジだの瀬戸内海のあれやこれやの長い橋を渡ってはいますが、子供の頃に初めて自転車で石狩河口橋を渡ったときは、そのあまりの長さ、石狩川河口近くの川幅の広さに圧倒されたものです。

で、橋を再び引き返してきて(笑)、河口近くの集落へと入っていきます。
このあたりは、もともと石狩町(今では石狩市ですが)の中心として、明治時代くらいまでは鮭漁で賑わっていたようですが、その後次第に衰退し、札幌に近い地域で急速に発展したベッドタウンに町の中心も移っていきました。

車をのんびり走らせながらぼんやり市街地を眺めているうちに、ふと、●十年前にUターン転職で札幌に戻ってきた頃に買ったばかりの車で石狩に来たことを思い出しました。
あのときは、河口近くのはまなすの丘公園をぶらぶら歩き回り、石狩灯台を見たんだった。
そんなわけで、急遽予定を変更しーーーというほどのことでもありませんが、石狩灯台を見に行くことにしました。風は強かったけど、天気もいいことだし。

はまなすの実を口に含んで(相変わらずなんだか微妙な味だった)、石狩川の堤防の上に立ち、赤と白に鮮やかに塗り分けられた石狩灯台を眺める。
あのときも季節は秋で、黄金色のすすきが強い風に吹き流されているのも一緒だった。
●十年かけて帰ってきた、という思いがこみ上げてきましたが、すぐに、ここはあくまでも旅先であってもう帰る場所じゃないのだという認識に引き戻されてーーー。
N43もそうだけど、なんだか今回は妙に感傷的な旅になってしまったのは、ひさしぶりに札幌で過ごした秋という季節のせいなのかもしれません。

■はまなすの丘公園と石狩灯台。灯台が建っている草原(砂州)の左側が日本海(石狩湾)、右側が石狩川。

すっかり長くなってしまったので、やや尻切れトンボ気味だけどこれでおしまい。


秋の北海道旅行その6(石狩川河口【前編】)

当初、旅行の最終日は16時30分新千歳空港発の飛行機で帰ること以外は何も予定を決めていませんでした。
だんだん日が近づいてきた頃、そろそろ具体的なスケジュール決めなくてはと思い、とりあえずレンタカーだけ予約。
なんとなく温泉の日帰り入浴かなーというイメージはあったので、支笏湖のほとりにある丸駒温泉の日帰りプランーーー温泉に入るだけでなく、和室でゴロゴロしたり飯喰ったりできるーーーというのがいいかなと思って一週間くらい前に電話してみたら、和室が満席なのでお受けできませんとのこと。月曜日だというのになんということ。。。
それ以上何もしないまま旅行に突入することになりました。

結局、決まったのは当日の朝。
これまたなんとなく、石狩の番屋の湯が頭に浮かびーーーって、一度も行ったことないのだけど、なぜか知っていたーーー行ってみることに。

札幌駅近くのレンタカー屋で車を借りて、カーナビで番屋の湯の電話番号を入力するとルートが表示されます。
第1候補は当然のように最短距離である石狩街道(国道231号線)ですが、せっかくの休日のドライブでこんな殺伐とした道路は走りたくありません(偏見)。
■第1候補はこんな感じ

というわけで第2候補を選択。丘珠→モエレ沼→あいの里→生振→石狩というルートです。この日の天気予報はずっと良くなかったのだけど、蓋を開けてみたら4日間の旅程の中で一番いい天気。というわけで、札幌北東部郊外の畑が広がるのんびりした風景を心ゆくまで堪能しました(運転していたので写真がない)。
■第2候補はこんな感じ

生振(「おやふる」と読みます)の畑作地帯を抜け、石狩川と茨戸川(川といっても石狩川の三日月湖ですが)の間の狭いエリアを抜けるうちに、子供の頃この道を自転車で走った記憶が蘇ってきました。走っても走っても茫漠たる風景が続くばかりで、すごく精神的に疲弊したのを覚えています。

そして、国道231号線を渡って昔の石狩の中心部へ。

・・・やっぱり長くなってしまった。続きはまた明日以降に。


秋の北海道旅行その5(きのこ狩り【後編】)

当然ながら、きのこ狩りで気になるのは天気。
一週間以上前からずーーーっと天気図をチェックしていましたが、高気圧・低気圧や前線の具合がどうにも微妙で、予報も毎日コロコロ変わる。
きのこ狩りの日は、3日前くらいまでは日中はずっと晴れの予報だったんですが、2日前には15時以降は曇りになり、前日には午後は曇りになりーー

そして当日。朝から曇り。
ま、雨が降っていないだけ良しとしよう。。。

朝、JR札幌駅ーーー大丸のある立派なステーションビルを見るにつけ、自分の住んでいた頃の札幌とは別の街になったことを思い知らされますーーーから江別・岩見沢方面の普通列車で出発。こっち方面の列車の乗るのは何年ぶりだろう。
そもそも森林公園駅なんてなかったし。いつ出来た駅だっけ?と思ってWikipediaを見たら、1984年だと! どんだけ乗ってないんだよ!

というわけで野幌駅で下車。全く関係ないけど、ゴーバンズって野幌高校なんですね。最近知った。

■野幌駅

野幌駅付近は高架になったんですね。いつのことかと思ってWikipediaを見たら、こちらは2011年。割と最近です。いや、9年前のことを「割と最近」とか思ってしまうのは年取った証拠か。野幌の次の高砂駅というのも聞いたことがない。いつ出来た駅かーーーもう調べるのはめんどくさいからやめる。私の記憶の野幌駅は、夕張鉄道のホームがあってーーーって、1974年に営業休止だよ。。。(号泣)

なんだかきのこ狩りの記事なんだか鉄道の記事なんだかよくわからなくなってきた。先に進みます。
子供の頃はここから延々と歩いて行ったのだけど、今の体力では無理なので森林公園の入口近くまでバスで行く。停留所名は「酪農構内入口」。近くに酪農学園大学があるので、略して「酪農構内」と呼んでいるらしい。時刻表はこんな感じ。本数少なッ!

■「酪農構内入口」周辺の景色。周り(写真に写っていないところ)は結構住宅が増えた。

いよいよ森林公園の中に入っていきます。まずは公園の入口に位置する北海道育種場の構内を通って。。。と思ったら、もうなんだかきのこが目に入ってきた!

■いきなりタマゴタケ。20年以上前に礼文島で一度だけ見たことがあるけど、今回見つけたのはサイズが倍以上。とにかくでかい!

■ベニテングタケ。まだ傘が開いていないけど、それでもこの大迫力! 毒きのこのイメージを体現したかのようなルックス!

■たぶんドクツルタケ。見た目は地味だけど「食ったら死ぬ」毒のきつさという点ではタマゴテングタケと並んで毒きのこ界の酷道157号線(謎)。

というわけで、ここで見つかったのは全部テングタケの仲間。食べられるのはタマゴタケだけで、他はみんな毒きのこ。
写真には撮らなかったけど、実は一番多く見かけたのがテングタケ(ベニテングタケの傘の色が焦げ茶色のバージョン)。いやというほど大発生していました。
入口でこれだから、森林公園の中はさぞや。。。と思ったのですが、実はこの後はほとんど成果らしい成果はなく、最初で勝負がついてしまったという感じ。

■森林公園の遊歩道。ここではきのこは穫れなかったけど、久しぶりに瑞々しい森の中を歩くのはやはり気持ちがいいです。

■一つだけみつかったきのこの群落。腐りかけたナラタケ(ボリボリ)かなあ。

体力を慮って森林公園の出口まで最短のルートを選んだのだけど、なんだかあっという間に歩き通してしまいました。
昔だったら、ここから駅までさらに死ぬほど歩かなくてはならないんですが、最近は住宅地が広がったこともあって、バス停が近くに出来ているので、あっさりバスで新札幌駅へ。

こうして●十年ぶりのきのこ狩りは無事終了。
札幌の秋晴れを堪能できなかったのは残念だけど、こればかりは仕方ありません。


秋の北海道旅行その4(きのこ狩り【前編】)

札幌に住んでいた子供の頃、父親に連れられて何度かきのこ狩りに行ったことがあります。
場所は、家から歩いて20分くらいのところに登山口がある藻岩山がメインでしたが、たまには野幌森林公園に遠征することがありました。
藻岩山では山道を登って沢を下ってくるときに、川の近くの湿った倒木にいっぱい生えていることが多かった。
種類が多いというよりは、食べられるきのこ(ナメコとかムキタケとか)がいっぱい穫れたという感じです。
一度だけタモギタケを見つけたことがありますが、あの山吹色の傘を見たときは嬉しかったな。。。
一方、野幌森林公園は起伏に富んだ平地で、林あり川ありのバラエティに富んだ環境のため、きのこの種類が多かったという印象でした。
そのほとんどは種類も特定できないわけですが。

今回、北海道旅行の季節に秋を選んだ大きな理由の一つが、●十年ぶりにきのこ狩りをやろう!ということでした。
藻岩山にするか野幌森林公園にするかについては野幌に即決。
理由は、押し寄せる高齢化のため体力低下が著しく、山登りや沢下りはどう考えてもきつそうだということ(でもよく考えたら父親は今の私と同じくらいの年の頃に藻岩山上り下りしてたんだよな。すげー)。
あと、最近藻岩山にはヒグマが出没するようになったこと。私が子供の頃には考えられないほど人里近くというか人里の中までヒグマが出入りするようになってしまいました。
実は、昨年にはとうとう野幌にまでヒグマが出現しています。野幌森林公園は街に囲まれていて、ヒグマのいるエリア(札幌南西部)からは相当な距離があり、交通量の多い道路を何本も渡らなくてはならないはずなんですが。
まあ、それだけに本当に一匹だけ迷い込んできただけのようで、昨年わなで捕獲されてからは野幌には出現していないようです。でもやっぱり心配なので、旅行直前までヒグマ出没情報のサイトを頻繁にチェックしてました。
さらに、ヒグマ撃退スプレーとか鈴とかをアマゾンで調達し、札幌のコンビニで受け取れるよう手配したりもしました。スプレーは航空機には持ち込むことができず、宅急便でも陸送になるので時間がかかります。

前置きがえらく長くなってしまいました。続きはまた明日以降。


秋の北海道旅行その3(N43)

N43を訪れるのは今回が初めてです。
でも、店の名前はずっと前から知っていました。
なんでそうなんだろう。
そもそもN43っていつごろ出来た店? と思ってネットを検索してみて合点がいきました。
就職のため22年間住んだ札幌を離れ上京した年でした。要するに入れ違いということですね。
では、なんでN43という店のことを知っているのか。
雑誌とかで目にしたりしたことは間違いないと思うけど、一番大きな理由はちざきバラ園のすぐ下にあったこと。
特にバラ好きというわけではないんですが、そもそもこのあたりは私が通っていた小中学校の校区内で、近くにはクラスメートも何人か住んでいたし、小学校の写生会がちざきバラ園で行われたりもしたので、子供の頃から自分のテリトリーという感じだったんですね。
東京で6年勤めた後、Uターン転職で札幌に戻ってきた時にも、初めて買った車(両親は運転しない人だった)で時々ちざきバラ園にドライブに行ったりしていました。
いや、単なるドライブじゃないな。その頃はまだ免許取り立てて、買った車はマニュアル車で、しかも卒検で坂道発進に失敗したりしているので、苦手な坂道発進の練習をするために時々ちざきバラ園の近くに来たりしていたのをいま思い出しました。
バラ園まで登り切る最後の100メートルは特に傾斜がきつくて、雪道とかでうっかり止まろうものなら、もう二度と発進できない恐怖の坂道だったな。
話がそれた。
そんなわけで、その頃にはちざきバラ園のすぐ下にN43という店があることは意識していました。
なぜ店を訪れることがなかったかというと、自分の車を運転して酒を呑みに行くわけにはいかないし、さりとて校区内(笑)にある店にタクシーで乗り付けるのも何だか変だし、公共交通機関で行ける場所ではないし、歩いて行くにはそれなりに距離があるし、何より酔っ払って急な坂道を登り降りするのは億劫だ。
どれも大した理由ではありませんが、縁がないというのはそんなものかもしれません。

その後、札幌で4年勤めた後、再び転職で上京し、今日に至ります。
2009年にはちざきバラ園も閉園してしまいました。その後どうなったかを見に一度だけ訪れていますが、教会とも結婚式場ともつかない場所になってました。

今回N43を初めて訪れたのは、旅先の夜をどう過ごそうかと考えたときにたまたま思いついたということではあるのですが、札幌に住んでいた頃には一度も訪れなかったことにふと思い至り、もう札幌に住んでいないからこんなことを思いついたのかな、という気がしました。
この店を訪れるということは、札幌との縁が切れたということ。
そんな感傷的な気分に浸りながら、うつくしい夜景を眺めていました。