」カテゴリーアーカイブ

北海道旅行その3~後志地方をドライブ

9月20日(土)、一日レンタカーを借りて、後志(しりべし)地方を回ってきました。
まず、札幌から国道5号線で小樽に向かい、そこからキロロリゾートで有名な赤井川村に抜ける国道393号線に入ります。途中の毛無峠は小樽の街を一望する絶好のポイント。車を降りてゆっくり景色を眺めるのは初めてでしたが、天気がよかったこともあって確かに良い景色。
○毛無峠

その後、山中牧場紅果園に立ち寄った後、積丹半島を一周。昔は積丹町余別と神恵内村川白の間の道が開通していなかったので、一周するのはこれまた今回が初めて。
○積丹半島西海岸

神威岬と積丹岬に立ち寄ってきました。天気が良く週末だったこともあって、かなり多くの人出でにぎわってました。神威岬は普段は先端まで行けるのですが、今回は遊歩道補修のため、途中から立ち入り禁止になってました。残念・・・。
○神威岬

○積丹岬

○おまけ(積丹岬から後ろを振り返って撮りました)


北海道旅行その2~花咲ガニ


9/24に根室の花咲港にある大八食堂という食堂(ラーメン屋?)兼蟹屋を訪れ、花咲ガニを買いました。でっかいやつ2匹+送料で7000円也。ちょっと高くなったような気がするのだけど、ロシアの取り締まりが厳しくなったのか、燃料代が高騰しているからなのか・・・。
この週末に食べましたが、いやー食べ応えがあります。肉も卵も味噌も。
殻は後日スープを取るために冷凍庫にストックしました。今回はパエリアに使ってみようかと画策しています。


北海道旅行その1~甘くないとうもろこしと酸っぱいりんご

9/20、果物の産地として北海道では有名な仁木町にある紅果園を訪れました。目当ては「昔とうきび」。

子供の頃食べたとうきび(とうもろこし)って甘くなかったんですよね(穀物の自然な甘みはあったけど)。それにすごく歯ごたえがありました。乳歯の何本かは、とうきびを喰っているときに抜けたように記憶しています。
それが、小学校高学年くらいの頃だったと思うけど、「ハニーバンタム」という甘くてやわらかい(というか中身が水っぽい)を売りにした品種が出てからは、それまでの甘くないとうきびは市場から消えてしまいました。
子供の頃慣れ親しんだのが甘くないとうきびだったせいか、どうも甘いとうきびというやつは、例えて言えば米に砂糖をかけて喰うような感じがして未だになじめません。
ヨーロッパには甘い味付けの米のデザートがあるという話を聞いたことがあるので、「甘い米」自体が間違っているとか言うつもりはありませんが、日本の「ごはん」とは別物であるとは言えると思います。
てなわけで、甘くないとうきびがときどき無性に喰いたくなったりしていたわけですが、最近紅果園が「昔とうきび」と称して昔ながらの甘くないやつを生産・販売していることを知り、是非喰ってみたいものだと思ってました。
で、今回の旅行でついに実現! いやー店頭で食べたとうきびは懐かしいあの味が確かにして、すっごく感動しました。
ところで、もともと紅果園のことを知ったのは、ネットで旭りんごをぐぐったときでした。そのあたりの経緯はこちらに書いたので繰り返しませんが、今回もあわよくば旭りんごも買って帰ろうと思ってました。ただ、時期がちょっと早いような気がしたので、もしかしたら無いかも・・・とも思ってました。
で、昔とうきびを喰いながら店の人に聞いてみたら、今年は例年よりも雪解けが早かったせいで、果物の収穫もスケジュールが早まっており、旭りんごもすでにあるとのこと。ラッキー!
で、りんごがいろいろ置いてあるコーナーを眺めていたら、バーガーデンというりんごが目に留まりました。何で目に留まったかというと、「酸っぱい」と書いてあったからなんですが、店の人の話では紅玉が出るまでのシーズンにアップルパイ用にケーキ屋が買っていくりんごなのだとか。一切れ試食してみたけど、酸っぱいだけでなく独特の良い香りがします。
紅玉にしろ旭りんごにしろ、酸っぱいりんごに目がない私としては興味津々。結局、昔とうきびと旭りんごとバーガーデンを10個くらいずつ箱詰めして送ってもらうことにしました。

左がバーガーデン、右が旭。バーガーデンは深紅という感じの色合いですね。

バーガーデンは皮に近い部分が赤いのが特徴です。一方、旭は真っ白。
先ほど改めてバーガーデンを食べてみましたが、酸っぱいりんご好きの私にもちょっと酸味がきついかなぁ。アップルパイとかジャムとかにしてみようかな。


帰ってきました。

一昨日のカヌーと乗馬と呑み会が効いたのか、今日はバテバテです。
とりあえず、今回最後に撮った写真を上げておきます。津別峠から見た屈斜路湖です。
詳しくは何日かかけてゆっくりレポートします。

【追記】浜中フレンドリー牧場ブログ乗馬の時の様子を紹介されちゃいました。


@霧多布(2日目)

昨日は午前中はカヌーで腕を酷使し、午後は乗馬で内転筋と脊柱起立筋を酷使。ずっと曇り空で気温も低めだったけど、風がないので助かりました。霧多布を満喫!という感じ。
夜は鍋つつきながら飲みました(他にもご馳走多数)。鍋がおいしい季節になりつつあるのだなぁと、なんだかしみじみ。
酔っ払った勢いでボサノヴァの弾き語りを披露。いぱねま、想いあふれて、瞑想はヨレヨレながらもなんとか間違わずに完奏。最後にやったヴァガメンチはかなりボロボロ。まぁ練習不足だし酔っ払ってたし、しょうがないか。
てなわけで、今朝は日ごろの運動不足がたたって腕と背中と足が筋肉痛。うう。
今日は、夜の飛行機で帰ること以外は何も予定を考えてません。天気が悪いとの想定でどこかの温泉でふやけるつもりだったのだけど、低気圧は昨晩通過してしまったようで、今は結構良い天気です。
さて、どうしようか。